【K-7】番外編、VW風トラックになりそう予感。

色々とやってはみたのですが、思いっきりミリタリーは、重そうなので、
少し押さえて、「ミニタリー」になりそうです。

基本は、サンドブラウンで行こうと思うのですが、いまいち軽トラの雰囲気が抜けないので、ツートンでワーゲンバン風にしようと思います。
これにで、塗装の手間も下半分だけで済むのと室内の鉄板もそのままで良くなります。
また、これでメインカラーが決まったので、これを意識して室内を検討した結果が下のような感じです。ちょっと手を抜いた合成ですが、ダッシュボードとハンドルをサンドブラウン系にするだけで、室内の鉄板もそのまま生かします。
まぁ、軍用車からは離れて行きますが、まずは日本の農道では無くて、アメリカの農道を走る暗いの雰囲気にはなる気がします。
また、気が変わったら、この上に塗りを重ねていけば良いかと思ってます。それと幌の扱いで大分変わると思います。
↓下は、途中経過のツートンカラー。これが一番手間がかからないのだけど。
どう思います?

<追記>
今朝、起きて再度みるとこの位の方が軽快感がある気もするなぁ。また、これなら、とりあえずしておいて、徐々に先のように徐々に上へ塗りを重ねていくという楽しみもありそうだ。まずはこの辺で初めてみるかな・・・・

どちらにしても、室内のカラーリングの方向が決まったので、塗料を探します。
外部の塗装は業者さんにやってもらうつもりだったけど、どうしよう・・・。

福@MagoFukuda

カテゴリー: 福ちゃん@日記 | コメントする

【K-6】番外編、ミリタリー仕様のダッシュボード。

今日気がついたのですが、トラックの英語表記はtruckですが、このページの話題では、
日本語の「ケイトラ」をローマ字にしたK-toraを使用しています。(と、言い訳)

先日、メーター交換の予定が、いつのまにかダッシュボードまで外してしまったので、いっそのこと室内のカラーも変えてみたくなったのだが、どんな色味が似合うのかシミュレーションをしてみた。

1<ノーマル仕様ダッシュボード&メーターパネルがグレー。室内の鉄板はホワイト。

このように、ノーマルのグレーで全く問題は無いのだけど、気分を変えるのには室内が一番だ。逆にこれをみると塗装前のプラモデルの作りかけのようにも見えてきた。

2<モスグリーン仕様ダッシュボード&室内の鉄板。メーターパネルはグレーのまま。

次に初期のイメージのモスグリーン車両を意識したイメージでダッシュボードと室内を塗ってみた。まあ、自衛隊の車両はこんな感じだけどね。ちょっと明るいけど。

3<サンドブラウン仕様>ダッシュボードはモスグリーンのまま。室内の鉄板とハンドルをサンド色にした。メーターパネルはノーマルのグレイ。

4<サンドブラウン仕様ダッシュボードはモスグリーンのまま。室内の鉄板とメーターパネルをサンド色にした。ハンドルはノーマルのグレイ。

5<サンドブラウン仕様ダッシュボードはモスグリーン。室内の鉄板とメーターパネルをハンドルもサンド色にした。大分オリジナリティが出てきたが・・・。

6<サンドブラウン仕様室内の鉄板とメーターパネルをハンドルもサンド色にしたが、ダッシュボードの色が何が良いのか悩んでいるのだ。明るいとフロントガラスに映り込みそうなので意外に「濃く(暗く)」ないと駄目な気がしてきた。砂漠迷彩系の茶色にもしてみたが、茶色は意外に普通の乗用車にもあるイメージになってしまった。そこで、とりあえずグリーンの濃いのをイメージしてみた!

皆さんにとってはどうでも良いことではあるんだけど、最初のグレーをみるとクルマのダッシュボードって、なにもしないと寂しいことが分かった。ここにペイントするだけでも随分と楽しくなるような気がしてきたのだが・・・。

しかし、ここまでシミュレーションをしてまた、初期のシンプルな方をみるとそれも悪くない。飽きないデザインは何か悩むところである。困ったので、意見を求めます。

さてさて、さすがに1/1原寸大プラモデルである。さて、仕上がりはどうなるか分からないがとりあえずダッシュボードを取り外してある間にできることからしないと運転ができない。

福@MagoFukuda

カテゴリー: 福ちゃん@日記 | コメントする

【K-5】番外編「砂漠の嵐作戦」向きサンドカラー仕様の予想図。

昨日、突如「ミリタリー軽」に向かって、一気に研究してみた。
当初は、外装の色、内装の色、幌の色 をグリーン系で考えていたのだが、そのイメージを整理してみると下記のようになる。

<色を決める基準>
1.外装の色:塗装屋さん
2.内装の色:染めQによる自家塗装
3.幌の色 :外部用ビニール系荷造りシート

ダークな印象のグリーン系> 注意点:自衛隊のイメージになってしまうかも知れない。
1.外装の色:塗装屋さん
2.内装の色:染めQによる自家塗装
3.幌の色 :外部用ビニール系荷造りシート

<明るい印象のサンド系>
1.外装の色:塗装屋さん
2.内装の色:染めQによる自家塗装(室内が明るくなる)
3.幌の色 :外部用ビニール系荷造りシート(有るのを確認済み)

上記を元に考えた上で、現在の白いボディを考えた上、明るい色から行く方が飽きたらまた、塗り替えることができるということにした。
そこで、イメージを起こしてみたのが下記の写真だ。
バックパネルの大きな文字は、ステンシル型で白スプレーで適当な感じがいいかも・・・


フロントは、こうなる。
 汚れたり、傷ついたら、迷彩模様を描くこともできる。大きなキャンバスになる。
どんどん、増えたら、グリーン系で塗ってしまえばいいかな。

問題は幌の色と設置の仕方だが、それを考える楽しみがいいのだ。
なにしろ、1/1の模型なんだから・・・

前の画像とは違うのだけど、印象が変わらなくて残念。
実際は、こんな新車のようにはならないだろうなぁ。

さて、材料を探しにホームセンターへ行ってみますかな・・・!

福@MagoFukuda

カテゴリー: 未分類 | コメントする